Home

Tonoike.Net

ミートグッバイ

  • 2014-01-19 (日)
  • Tono

とのいけです。

昨日の「波戸康広引退試合」が、無事終わった。

前日の夜に、仕事を終え、

尊敬する先輩の原田武男さんを羽田空港に迎えにいき、

武男さん交え、関係者の方々と食事をして、前泊して、臨んだ。

仕事もあり、選手の誰よりも早い9時入り。

放送に関する諸々の打ち合わせをして、

誰よりも早くロッカー入りして、いち早くマリノスの練習着に着替える。

やはり、ウェアがカッコいい。

懐かしいスタッフの方々と談笑しながら、

選手たちが続々とやってくる。

久しぶりのメンバー、仕事で共にしたメンバー、

恥ずかしいような、身が引き締まるような、

でもみんなサッカー選手らしくリラックスしている。

それぞれのキャラが、相変わらずで、自然と場が安定し、安心できる。

サッカー選手の凄さって、そういうところにも感じる。

ミーティングをして、いよいよウォームアップのためピッチへ。

ボールがでかい、重い。

日頃子供たちのボール、フットサルのボールを蹴ることのほうが多いから。

でも、三ツ沢のピッチ、サポーターの方々の存在が、

勝手に自分の体も心も上げてくれた。

ウォーミングアップの時間、誰よりもシュートを打ち、

期待できる状態にあることをアピール(笑)

後半からの出場にも関わらず、だいぶ出来上がる(笑)

いよいよ試合開始へ。

ベルマーレでも一緒だった森山さんが、

相手チームの右サイドで、マリノスベンチ前にきたので、

談笑していると、キックオフの笛が(笑)

前半は、やはりどこか固い試合に。

打開すべき、岡山一成投入。

場が予定通り、温まる(笑)

で、いよいよ後半に、そして出場。

誰よりも早くピッチへ。

11ゴールも齎してくれた三ツ沢のピッチは、

心地良く、なんかやれそうな気持ちにさせてくれる。

後半開始。

早々に自分のファーストタッチが良いパスとなり、

現役福岡の坂田に繋げ、現役マリノスの端戸がゴール。

喜びの輪が出来て、即席チームの団結力がグッとあがる。

自分はこの感じが好きだ。

体もまあまあ動く、ボールも貰えている。

良い動きだしをして、珍しく裏に抜け出したがオフサイドに。

あれはオフサイドでは無い(笑)

未だに引きずっていることを考えると、試合中継があり、

判定云々ではなく解説者がそのプレーをどう判断するかの重要性が

胸にしみて、今の自分の解説を自問自答する。

そして、試合が動き、続々と点が入る。

もうみんな必死にプレーしている。

自分ももちろん必死。

前半だけの予定だった俊輔が終盤に再投入される。

試合前に「絶対合わせてくれ!」とお願いしていたから、

動きだせば、良いポジションを取れば出てくると信じ、走る。

ボールはやはり出てくる。

この感じが、懐かしい。

と同時に、現役時代、もっと彼からパスを貰えたはずだったと後悔も過る。

あの頃は、ミスを恐れ消極的になっていた時間もあったから。

今はそんなことに何の意味も無いことを知っているし、

引退して、現役にしかわからないことがあることも経験したからこそ、

今のこの時間が愛おしい。

ただ、体はもういっぱいいっぱい。。。

ラスト7分のところで、カウンターのチャンス。

駆け上がると同時に、ハムストリングにピキッと違和感が。。。(涙)

懐かしの右足腿裏の肉離れ。

足が上がらない。。。

不本意ではあるが、同点だし、波戸のためにも負けられないし、

ベンチにバツを出して交替をお願いする。

監督水沼さんが、もう終盤ということもあり、慌てる(苦笑)

なかなか交替の準備がままならない中、

ライン際にいると、逆にフリーだからボールが来る(笑)

ボールが来たら、もちろん走る。

交替しなければという自分と、交替したくない自分がいるのは分かっている。

俊輔からの良いボールも、最後の波戸のゴールも、

特にそこに貢献は出来なかったが、

それでも結果試合終了の最後まで走り切れたと実感できた。

四日前に急遽出場が決まり、準備もままならなかったが、

自分の姿勢は伝えられたと思うし、そこにあるみんなの想いも感じられたし、

自分も存分に楽しめられた。

試合後のセレモニーでの波戸の流暢な挨拶に、彼の成長を感じ、

サッカーが齎すことの深さ広さを改めて感じ、考えさせられる。

(俊輔の試合前のロッカーでのキャプテンとしての挨拶も素敵でした)

波戸のお陰で、この場が生まれ、いろんな人の手によって、

この試合が無事に終えられたことが、全てだと思う。

ここに集まってくれた全ての方々との出会い、再会があり、

またここに集うことが叶わなかった方々の想いも含め、

またそれぞれにそれぞれの場所へ離れ、そこで生きていく。

こういうことって、サッカーの歴史を作る上で大きな意味があるのだと思う。

「ミート・グッバイ」

今もピリッとくる腿裏の肉離れ(軽度なのでご安心を)も、

もちろん走ることの無いサラリーマン生活では大勢に影響ないし、

勲章として、余韻としてこれからの日々を過ごしたい。

 

最後にサポーターの皆さん、

トノイケコール、外池チャント、それに感動し、痺れました。

自分のために声を出してもらえるって、

本当に凄いことだと、ピッチからゴール裏のその様をみて、感じずにはいられなかった。

本当にありがとうございました。

 

そして、最後の最後。

スカパー!ではこの試合の模様を2月2日19時より放送。※再放送多数

出場した波戸康広氏と吉田孝行氏をゲスト解説に迎え、

試合のみならず出場のメンバーそれぞれのエピソードからクラブへの想いなど

表から裏の話まで盛り沢山で、放送予定です。

是非ご視聴いただけると幸いです。

出場!

  • 2014-01-17 (金)
  • Tono

外池です。

http://www.f-marinos.com/news/detail/2014-01-16/183000/183038

18日土曜日に波戸康広引退試合に僭越ながら出場してきます。

聖地「三ツ沢」。

中村俊輔のバスをヘディングでゴール・・・しかないでしょ!

大学の大先輩で、尊敬する原田武男さんとピッチで一緒になれるのもまた感激。

実は放送の仕事で、この試合は元々担当になっていて

こうして急遽出場できる運びになったことに、感謝であり、光栄です。

持ってます!

ただ、仕事が忙しい・・・

体を作る時間も、タイミングもなく、

自分の意志の弱さを痛感しているが、

本番に強いところを見せたいと思う(笑)

とはいえ、全力集中あってのパフォーマンスですから、

ウォーミングアップは入念に。

新年!

  • 2014-01-02 (木)
  • Tono

とのいけです。

今年も立場を変えつつも、

天皇杯決勝の仕事を終え、ようやく休暇となりました。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

昨年は転職という大きな機会を得て、

メディアという新天地でアッと言う間の8ヶ月間。

古巣の代理店とも、仕事で大きく関わっていることもあり、

現在の「メディア」の立ち位置を良く実感できる時間となった。

領域としては、日本代表からJリーグへ(欧州クラブサッカーも)。

また自分が在籍させてもらった

選手、広告代理店、メディア、どの世界も

サッカーというコンテンツだからこそ結びつきを作り、

まさに切っても切り離せない距離でお互いを支え、

形を変えながらまだまだ試行錯誤していることを実感する。

そして、会社が変われば、ルールも、人も変わり、どちらが良いとかではなく、

その業界の郷の中に身を置けることに対して、

今はどちらかと言えば重きを置いている。

ただ、選手を離れ、外側からの時間が増えたことで

間違いなく確信として言えることは、

「現役選手」という立場へのリスペクトと羨望と危機感。

現役選手であることを最大限に理解し、最大限に利用して、

その選手の人生の「今」の最大値をとにかく発揮してほしい。

それがこの世界の根源であるから。

それは、プロ選手も、小学生選手も変わらない。

今年の抱負としては、

毎年このタイミングのブログを振り返ると

同じような言葉を選び、変化の無い拙い文章になっていしまっていることに

反省と自戒の念を抱きつつ、

なんとか業務の軸を作りつつ、

広くインプットを増やし、自分も変わっていきたい。

そのためにも、もう一歩サッカー界に対して、

踏みこめる立場、チャレンジをしたいと思う。

何かを変えていきたいのではなく、

サッカー界、そしてその周りで

多くの先人、先輩、仲間、後輩の方々が築いてきたものの中で

過ごし、感じ、生きてきた自分としてのその想いを発揮していきたい。

選手同様、なのかもしれない。

自分なんかが・・・、自分だけでは・・・、ではなく、

まだまだ戦えること、戦っていることを

見えるレベル、実感できるレベルまで持っていってみたい。

選手は引退してこそ、発揮できるものがあると考えたい。

今年も多くの選手が引退となったが、

サッカー界は引退した人間に掛かってきていますから。

今年は、J3も加わり、ワールドカップもあり、

またひとつ変わっていくサッカー界の中で、

小学生への指導も含め、その成長のためにも、自分が成長する。

 

久々過ぎて、ちょっと長文かつ気負い過ぎですかね・・・

新年の挨拶ということでご容赦を。

今年もよろしくお願いいたします。

ご無沙汰

  • 2013-11-17 (日)
  • Tono

とのいけです。

だいぶご無沙汰です。

「最近、書き込みないですねー」なんて、

現役時代を終えても伝えてもらえる環境が

意味していることを考える。

広告会社、メディアという世界は、

そしてそこで携わらせてもらっている業務は

サッカーに近く、深く、関わる場所であり、

その立ち位置だからこそ考えられる、向き合える立場だからこそ

インプットとアウトプットを怠ってはならない。

自分のためにしっかり発信していこう。

そういえば、今日は代表戦であり、強豪オランダとの対戦。

ローマで活躍するストロートマンを注目。

左利きの大型MF。

自分が現役時代だったら目指したくなるプレーを随所に披露。

今からでも、草サッカーで、チャレンジしてみよう!と

プレーするモチベーションを与えてもらった。

そして、途中からはやはり日本代表の攻撃に心を揺さぶられる(苦笑)

香川も仕掛けからフィニッシュまで本来の出来、

遠藤も長いレンジのパスとテンポを上げる姿勢が目立ち、

山口や大迫は結果を出し、

サブの権田の

「いろいろ思うとことはあるだろうけど、自分たちを信じてほしい」

という言葉の重みを感じる。

Jリーグがあることの価値も証明してくれたし、

急に上手くなることがないように、急に下手になることもない。

チームパフォーマンスとは、

個々が掛け違わないように、掛け合わせられるようにするための

メンタリティが試される場であると、改めて感じた。

とにかく、良い試合だった。

近況としては、

マリノスのスポンサーフットサル大会に出場したり、

電通カップに出場してまた結果を残せなかったり、

甲府戦以外のいろんな会場で解説をやらせてもらっていたり、

環境省主催のイベントで気象予報士の天達さんとトークショーをしたり、

相変わらず子供たちの朝練に勤しんでいたり、

息子の怪我がようやく完治したり、

仕事はなかなか忙しかったりと、

ブログを更新できない言い訳のようなことを連ねているが(苦笑)

良く言えば充実の、悪く言えば満身創痍の日々を過ごしている(笑)

こういうときこそ、笑顔を忘れずに。

ということで、皆さんからのメッセージ楽しみにしています。

スポーツの秋

  • 2013-09-21 (土)
  • Tono

とのいけです。

あっと言う間に秋。

台風一過とともに、空気も、風も、月も、

秋らしくなり、スポーツシーズンの到来。

といっても、秋だけやるわけでなく、

今までやってきたことの発表会のタイミング。

だれかが「試合は、試し合い」とはよくいったもので、

やってきたことを試す場であり、それを感じ合う場、

そして敵味方問わず、お互いを意識し、刺激し合う場。

また大会となると、見に来てくれるサポーターの存在と合わせ、

その温度は高くなり、さらに広がりを創れることになる。

そんな中、息子の膝の成長痛もよくなってきたが、

日々マッサージやストレッチを手伝っている。

自分が選手だった時のその周りのサポートの大きさも、

大会に臨む小学生選手たちの気持ちの葛藤の共感も、

今、親として、指導者としての立場で痛いほど刻まれる。

自分が積み重ねてきたことが、

また子供たちへ、そしてその先へ。

年を重ねること、経験を積むことは、

決して体が動かなくなるとか、悪いことばかりではない(笑)

昨年も、その前も、その前の前も、

たぶん同じようなブログをこの時期書いているに違いない(苦笑)

が、それもまた大切なこと。

と言い聞かせ、今年の秋も満喫したいと思う。

2世

  • 2013-08-23 (金)
  • Tono

とのいけです。

夏休みも気付けばもう終盤。

今年の夏休みもいろいろあった。

まずは長崎旅行。

雲仙の温泉に浸かり、島原半島を満喫。

国見エリアの豊かなサッカー環境に心が洗われた。

期待の先輩も、やはり期待通りに、各所へ導いてくれた(笑)

まずは子供たち同士の交流。

長男と同じ5年生のサッカー少年と、年長の娘さん。

空港に出迎えてもらったときは、みんな無言だったが、

一緒に食事をし、一緒にボールを蹴り、一緒に川で遊び、

一緒に芝の上を走り、一緒に家で遊び、一緒に花火をし、

ホントに良い出会いになったと思う。

方言の暖かさと、彼らの素直で豊かな姿は

先輩ゆずりであることは間違いないのだが、

街に育ててもらっているその雰囲気が堪らなく素敵だった。

他にも、長崎市内観光・・・

グラバー園、平和記念公園や諏訪神社を訪れた。

長崎ならではのところは、暑くて大変で・・・

と、佐世保へ移動。

佐世保の海水浴場は、空いているし、綺麗で、穏やかで、

夏休みの海を十二分に満喫できた。

島めぐりやクルージング、シーカヤック、海釣り掘りなど、

一通り満喫し、佐世保バーガーもちゃんと食べて帰ってきた。

とにかく、自分としては尊敬する大先輩に会えて、

またその懐の深さを諸々学ばせてもらい、

お互いの子供同士がサッカーをする姿がなんか不思議で、

とにかく我が子供たちにもはっきりとその大先輩親子が

強くインプットされたことが嬉しい。

やはり大切なのは、「変わらずにいること、変わっていくこと」

 

次は、息子の怪我。

夏休み直前に腕を骨折し、思った以上に回復も早く、長崎旅行を終えたくらいに復帰。

やはり大したことなかった(笑)

さて、いよいよ・・・と思ったところで、なんと膝の成長痛。

やった人はにしか分からない、いわゆるオスグッドという症状で、痛くて歩けない・・・

一難去ってまた一難・・・

本人も苦しかったし、実際かなりイライラしていた。

そんな中、自分が現役時代に大変お世話になった治療、リハビリの先生に観てもらうことを決断。

変わらず元気な姿を見れたことが嬉しかったが、

何よりお付き合いさせてもらっていたころは小さかった息子さんが、

中一となり、非常に面構えの良い青年になっていた。

またお父さん譲りで、体のことがかなり詳しく、自身もバランスのしなやかな良い体型をしていた。

息子同様、実は膝の成長痛の経験もあり、

非常に有意義なリハビリや治療をしてもらった。

お陰さまで、やりながら治す手段に向かいそうなので、本人も嬉しそうだった。

また一難あるかもしれないが、そんな出会いや縁が救ってくれそうな気がする。

逆に救える立場にもならないといけないと改めて考える。

輪廻転生とはまさにこのこと。

残り夏休みの最後の最後まで、その実り豊かな時間としていきたい。

今年の夏もいいね!!

夏休み

  • 2013-07-31 (水)
  • Tono

とのいけです。

気がつけば・・・夏休みに。

早々に、息子が練習中に腕を骨折し、今年の夏休みは「勉強三昧」に(苦笑)

とはいえ、ピンチがチャンス。

いつも見えない景色が見えるそんな時間を前向きにとらえてほしい。

選手は怪我とは必ず向き合って生きていかなくてはならないもの。

そして、仲間たちの奮起にも期待したい。

「誰かの分まで頑張る!」ってことがすべてではないが、

まずは長女が、地域の大会で優秀選手に選ばれた。

そして、二女も試合でゴールをした。

「兄貴の分まで」という想いが、何かの原動力となったのなら、

それもまたもちろんアリなわけで。

やはり、感じて動ける人になってほしいし、

何かに感じて動ける人が、人を感動させることができるんだと思う。

そして、夏休みとなり、

日頃4人で行っている朝練が、遠方のメンバーも加わり、12人に(苦笑)

庭、家の前、道路を使って、地域の人たちにお世話になりながら、

練習をさせてもらっている。

「朝から賑やかで元気があっていいねー」という近所の方々の言葉を、

単なる褒め言葉とは受け止めず、しっかり礼儀から取り組みの姿勢まで、

彼らに説いていきたいと思う。

応援される、そんな選手になってほしいし、応援されることの素晴らしさを感じてほしい。

そして、どうしたら応援されるのかを考えて、感じて動いてほしい。

プロサッカー選手として11年も生きさせてもらい、

そんなことが一番大事だと考えるようになって、

今もこうしてサッカーに地域で関わっている。

そして、今日はヴァンフォーレ甲府対ベガルタ仙台の試合のスカパー!解説のため、小瀬へ。

東アジアカップの優勝により、

Jリーグの存在意義をより感じられるようになったからこそ、

そんな大人な意識も携えて選手たちには頑張ってもらいたい。

地域も、トップも、子供も、大人もあんまり関係ない。

そこにサッカーがあれば、全ては繋がっていてる。

ということで、夏休み。

来週は入社1年目ながら、僭越ながら夏休みをいただくことになっていて、

催しとしては、長崎旅行に行く予定。

好調なV長崎の練習場、名門国見高校にも行きたいし、

長崎ちゃんぽん、皿うどんも食べないと。

でもなにより、久々に、尊敬する、大学時代から大変お世話になった大先輩に会いにいく。

子供たちから、「どんな人なの?」なんてここのところずっと言われているので、

ハードルが高くなってしまった先輩ではあるが、そこはなんとかしてくれるであろう(笑)

三ツ沢

  • 2013-07-07 (日)
  • Tono

とのいけです。

J1の再開となった昨晩、

横浜三ツ沢で好調横浜FMと最下位大分トリニータの中継解説をさせてもらった。

三ツ沢といえば、自分(笑)

元祖三ツ沢男といして、現役時代13ゴールを決めた聖地。

ちょうど梅雨明けとなった日の三ツ沢ナイターの試合は、

コンフェデで欲求不満となったファンがより近くでサッカーを観たいということもあり?

満員の入りという最高の雰囲気の中で行われた。

試合は、1-1のドロー。

勝たなくてはいけないマリノスが、後半怒涛の押し込みを見せ、

盛り上がるホームサポーターとともに大きな圧力をかけたが、

新鋭の活躍に勇気をもらった大分がなんとか勝ち点1をもぎ取った試合となった。

とはいえ、中村俊輔の深く高いパフォーマンスの発揮や

大分高松や森島の古き良きフォワードタイプの活躍など

両チームの思惑はさておき、

サッカーの素晴らしさを十分に満喫できる内容、空気であったことが嬉しかった。

コンフェデが終わり、日本サッカーを取り巻く環境が欲求不満な状態となったことは、

また新たなモチベーションを生み出し、

その受け皿となるJリーグがそこを補完することで、これまでの日本のサッカーを構築してきた。

そしてそのJリーグ20年の歴史は、単なる新陳代謝だけでなく、

遅咲きや再蘇など多くの魅力を持ち合わせることも可能にしてきた。

試合後の監督インタビューでは、

小学校時代の日産サッカースクール選抜クラスからの付き合いの樋口さんと、

ベルマーレ平塚時代に大変お世話になった田坂さんに、話を聞くことに。

自分の歴史の中に、大きく影響を及ぼした二人との再会はまた感慨深いものがあり、

今の自分の立ち位置、これからのまたサッカーへの向き合いの大きな刺激となった。

サッカーはやはり、

「変わらないもの」「変えていくもの」の連鎖とバランスが必要であり、

そこに巻き込まれた多くの人の「想い」すべてをスタジアムに行けば感じることができる。

解説を終えて、三ツ沢からの帰路は、

まさにマリノス時代の三ツ沢での試合後の帰路と同じように、

試合の反省で想いを巡らせるといった心地の良い疲労感に満たされた。

ピッチでもべンチでもスタンドでも放送席でも「想い」があれば、

試合をスタジアムで共有するとそういう心地の良い疲労感を伴うものだと思う。

だからこそスタジアムで、プレーする環境、観る環境が重要になる。

改めて、サッカーは深く逞しい。

 

いやー、でも楽しかった。

スカパー観戦した方は是非、手厳しいご感想をいただけると幸いです(笑)

よろしくお願いします。

順調

  • 2013-06-16 (日)
  • Tono

とのいけです。
モンテに片思いさん、「いよいよ・・・」への書き込みありがとうございます。

この本「hard after hard」、自分も読みました。

船越優蔵、坂井浩、石本、橋本などチームメイト、後輩として

良く知っているメンバーも多く登場し、興味深い内容でした。

(石本、橋本が所属した早稲田大学でのクダリで、自分の名前も本文中に掲出されていました・・・)

さて、「順調なサッカー人生」とは、なんでしょう。

どんな選手も、選手として生き続けている間は「順調」と自分は考えます。

怪我も、競争も、葛藤も、挫折も、

プロというカテゴリーがある以上、

上を目指す環境がある以上、誰も避けては通れないものです。

そして、選手として生き続けること、これもなんでしょう。

これは「生きている限り」と自分は考えたいです。

自覚に個人差があるという前提ですが・・・

選手として生きて、プロという立場になった選手は、

その存在を通して社会を知り、逆にサッカーが世の中に存在することの意味や意義、

そして責任や誇りを感じれる環境に身を置かせてもらうことです。

サッカーとの関わりがゼロになることはないはずです。

「セカンドキャリア」という言葉が独り歩きしていますが、

本人にとっては「ひとつの人生」を生きることに他なりません。

サッカーを通して小さい頃から成長してきたことは、

プロとして成長してきたことは、

その出場試合時間の長さに問わず、

サッカーの技術だけではないはなずですから。

なので、全て「順調」とポジティブに捉えたいものです。

今朝のように代表がブラジルに完敗しても、

そこで何かが終わってしまうわけではありませんから。

サッカーは続いていきますし、続けていくための何かを探すことがサッカーです。

なので、モンテに片思いさん、

選手として関われる、観れる環境になくなったとして

それは全くネガティブなことではなく、ごくごく自然なことですから。

プロの世界には必ずいつか終わりがくるからこそ、「輝ける」というものですから。

プロ選手を引退しても応援してもらえることは幸せ者以外のなにものでもありません。

ということで、引き続き何卒よろしくお願いします。

免許ゲット

  • 2013-06-03 (月)
  • Tono

とのいけです。

はい、お陰さまで免許ゲット!

試験場に行っての最後の学科のテストでは、

一問どうしてもわからない問題があった。

「歩道や路肩がない道路での駐車は0.75メートル空けなくてはならない」

う・・・ん。

普通、みんな壁に詰めて停めてるけど、

実際は人一人くらい通れるようにしないといけないのかな・・・

ずっと考えた挙句、正解に。

試験が終わってすぐ、教科書で調べる。

答えは、誤り・・・。

となると、いろんなことが不安に思えてきて、

90点とれないのではないか・・・と不安に。

で、15分後くらいに、教室に戻り、結果発表。

一斉に番号が表示される前に、

「今日の合格率は58%、ちょっと低いかなー」なんて、

教官が軽いタッチで言っている。

自分の番号はあるのか、ないのか・・・

せーの、ドン!

22番。あったー\(^o^)/

心の中に、沁み渡るような喜びと安堵が満ち溢れる。

今までの教習所生活が、走馬灯のように蘇り、

良く頑張ったなと自分に言い聞かせる(笑)

 

で、早速、日曜日にドライブに。

一番下の娘が、暇そうだったので、連れていく(笑)

もちろん若葉マークをつける(笑)

すぐに、ガソリンスタンドに行き、洗車もしたくなった。

車に乗るって意外にお金かかるなと・・・改めて。

お酒飲めないし、意外に不便?など考えたり。

とはいえ「パパ、運転上手かったよ」と娘から言われ、

普通に喜んでみたり(笑)

とにかく、もう二度と免許の更新時期を逸することはない。

あってはならない(笑)

当たり前のことを当たり前にやることの、大切さを噛みしめて、

また今日からがんばろう。

Home

Today:942
Total:3270235
8/11よりカウント
メタ情報

Return to page top